ソリックワークス 自動ドアの修理から新規設置まで何でもお任せ下さい

年間保守契約のご案内

自動ドアは訪れた人を最初に出迎える建物の顔です。
その自動ドアの具合が悪くてはいくら立派な建物でも第一印象を損なってしまいます。
自動ドアの平均寿命は7~10年といわれています、何年もメンテナンスせず使っていれば部品も磨耗し異音がしたり動作もおかしくなってきます。
自動車が一定期間で車検整備を義務付けているのと同様に、機械物の自動ドアも定期的に点検整備されることで機器の寿命を延ばし、
また正常に動作することで利用者の安全を確保することにつながります。

年間保守契約の概要

自動ドア装置の駆動部・可動部の点検・調整・清掃
自動ドア装置制御部の点検・調整(速度・ブレーキ具合など)
センサ・タッチ等起動スイッチの点検・調整
ドア建付け調整
自動ドア装置に関係する配線等の点検(関電工の絶縁抵抗テスト依頼は別途申し受けます)
保守契約可能範囲は、都庁を中心とした半径40km圏内と限らせていただきます。

部品交換に関するご注意

吊車・駆動ベルト等の消耗部品の交換が必要時は、部品代を別途申し受けます。(オプション契約時は部品代は無用です)
モーター、コントロールボックス、起動スイッチ・レール・扉、または上記以外の消耗部品の交換が必要時は、工賃及び部品代を別途申し受けます。
オプション契約をご契約頂いた場合には吊車・駆動ベルト等消耗品の交換時に、部品代及び交換作業料は無料です。
利用者の使用上の間違いや、天災・人災による破損や不具合発生時は別途部品代及び修理代を申し受けます。

保守契約価格表

点検回数/年 片引(1枚のドア) 引分(2枚のドア)
1回 21,000円 23,100円
2回 31,500円(15,750円/回) 37,800円(18,900円/回)
4回 50,400円(12,600円/回) 63,000円(15,750円/回)
オプション契約 上記の金額+30,000円 上記の金額+40,000円
 

上へ戻る