ソリックワークス 自動ドアの修理から新規設置まで何でもお任せ下さい

センサーのお話

自動ドアを開くためのスイッチ、色々ありますよね。

自動ドアに取付けてある細長いタッチスイッチ、ドアの上にある横長の赤外線センサー。

乗ったら開くマットスイッチやマンションの入り口についてるテンキースイッチ。
(正確にはセンサーとは言いませんが)

でも皆さんが自動ドアのスイッチを決める事って、新築でとかリニューアルで参画しない限りついてるものを使うしかありませんよね。
テナントとして入った店舗の自動ドアとか色々ご不満をお聞きします。
自動ドアの横にレジがあるから会計してる間ずっとドアが開閉して室温が保てない。
ドアのすぐ前が通路で、前を人が通るたびにドアが開閉する。
買い物で両手がふさがってるお客さんがタッチスイッチを押そうとして商品を落としてしまった。

等々実際使ってみないとわからない不具合って多いんです。でもその不安はある程度センサーの変更や追加で解消することができます。

まずはご相談ください。

付則としてタッチスイッチを押しても開かないというお問い合わせも多くあります。 タッチスイッチに電池が内蔵されているのをどれほどのユーザー様がご存知でしょう?(電池を使わず直接接続している場合もあります)
自動ドア用センサースイッチのメーカーと言えばオプテックス竹中エンジニアリングワームが挙げられます。
ご自分で電池交換出来ない場合まずはメーカーに問い合わさえて(勿論弊社でも構いません)電池交換の方法を聞いてみてはいかがでしょうか。

 

上へ戻る