ソリックワークス 自動ドアの修理から新規設置まで何でもお任せ下さい

電源を入れると開きっぱなしになる

CASE1.起動スイッチの故障

原因

内外どちらかのセンサー、またはタッチスイッチが故障でONしっぱなしのため開きっぱなしになる。

対処法

修理交換が必要です。

CASE2.補助光線の故障

原因

補助光線のレンズが気温の変化で水蒸気で曇り、ONしっぱなしで信号を出しているため開きっぱなしになったり、補助光線のコントローラーの故障から信号を出しているため開きっぱなしになる。 補助光線のレンズが向き合っておらず、光軸がずれて信号を出しているため開きっぱなしになる。

対処法

レンズの清掃をしてください。それでも改善されない場合は修理交換が必要です。

CASE3.コントロールボックスの故障

原因

自動ドアを開く、閉じる等の制御を行っているコンピューターの故障で開きっぱなしになる。

対処法

修理交換が必要です。

CASE4.自動ドア回りの環境

原因

センサーの検知エリアに風で揺らぐような鉢植えやポスター等が置いてあり、エアコン等で常に揺れているのを感知して開きっぱなしになる。 ある現場で、「雨の日だけ開きっぱなしになる・・・」と相談を受けて行ってみると、補助光線のレンズの部分に傘立てに立てた傘の布地がかぶさり、開きっぱなしにな っている事がありました。

対処法

障害物を撤去してください。

 

上へ戻る