ソリックワークス 自動ドアの修理から新規設置まで何でもお任せ下さい

ガタガタ異音がする

CASE1.レールやローラーの磨耗

原因

レールやローラーが磨耗して凸凹状態になっている。 吊車は樹脂、吊車が走行しているレール部はアルミ(鉄、ステンレスもあります)の組合せが多く、吊車は車のタイヤのように消耗品です。
ゴトゴトと音がし始めたら、早期に交換しないとレール部を痛め、思わぬ出費につながります。(レール・台板一体型の場合、装置交換と作業費は同じ位掛かってしまいます)
吊車にゴミが付着して、レール上を走るたびに「ゴトンゴトン」とかの音がする場合には、吊車を掃除するだけでおさまる場合もあります。

対処法

修理交換が必要です。

CASE2.カバービスの緩みや外れ

原因

装置のカバーを止めているビスが緩んでいる事が考えられます。 穴はあるのにビスが無い、単に抜け落ちている事もあります、ビスを補充して締め直せば直る事があります。

対処法

外れたビルやネジ山に適合するビスで固定してください。わからない、又は音が収まらない場合は修理が必要です。

CASE3.建物の歪み

原因

建物の歪みからカバーとサッシとの間に隙間ができている事が考えられます。
カバーを手で押さえながら扉動かしてみ、て音が小さくなるようならその部分がびびって音を出す可能性があります。

対処法

修理が必要です。

 

上へ戻る