ソリックワークス 自動ドアの修理から新規設置まで何でもお任せ下さい

擦れる音がする

CASE1.カバーがドアに接触

原因

扉にカバーとの擦れ跡はありませんか?
引き分け(扉が2枚)なら装置の中央、片引き(扉が1枚)なら装置の左右どちらか、カバーを手前に引っ張ると音が消える又は軽減するようならカバーと扉が擦れてます。

対処法

修理が必要です。

CASE2.振れ止めの汚れ

原因

振れ止めに砂や枯葉その他の異物が付着し、ガイドレールとの隙間に挟まりながら音を出します。
お客様が一生懸命装置を覗いていても、実は扉の下に付いている振れ止めという部品の音がドアを伝わり装置ボックスの中で反響して、いかにも装置から音が出ているように聞こえる場合があります。

対処法

CRC等の潤滑材を振れ止めにスプレーして洗浄してやることにより、音を消すことができる場合があります。それでも改善されない場合は修理が必要になります。

CASE3.自動ドア装置の部品が遊んでいる

原因

自動ドア装置の可動部の金具を止めているビスが緩み、カバーやチャンネルに接触して音を出します。ベルトの動きを扉に伝える金具が緩み、動きもおかしくなる場合があります。

対処法

修理が必要です。

 

上へ戻る